トイレの水漏れを工事業者に修理依頼のポイントと予防策

自分自身で部品の交換やメンテナンスをすることで、トイレ 水漏れを修理することは可能です。一方、配管トラブル等相応な技術と工具が必要な作業になると、水道工事業者による処置が必要です。賃貸物件など二次被害に伴い住民間トラブルを防ぐためにも、緊急処置を兼ねた依頼も出てきます。そこで、水道工事業者の費用や作業に関する情報と予防策を紹介します。

■トイレ 水漏れの工事代金は基本料金以外にも掛かります

工事業者は、広告などで修理代金を掲載していますがあくまでも基本料金です。別途工賃と部品代がかかる上、出張費がかかる業者もあります。
殆どの修理内容では、到着してから一時間以内で完了します。くまなく点検してもらえる業者の場合、トイレ 水漏れ以外の故障原因を見つけてくれて、今後の使用時にて参考にもなります。
温水洗浄便座の場合、内蔵されている部品点検や修理となると費用や時間が掛かります。見積もりの段階で作業の流れを確認することがおすすめです。トイレ 水漏れが起こり、機器の交換をしてもらうと本体価格と工賃で高額になります。見積もりを取り、使用するにあたって長期間使用することをシュミレーションした上で判断しても問題ないでしょう。

■工事業者の依頼を防ぐためのトイレ 水漏れ対策

工事業者に依頼することで確実にトイレ 水漏れ修理や交換もしてもらえますが、可能な範囲で未然に防ぐことも必要です。費用と時間が相応にかかる上、その期間トイレが使用できないと生活に支障をきたします。近年では、お掃除シートなどペーパー以外のものでも問題なく流せる商品が開発されていますが、それ以外のペーパーを流すことでトラブルの原因になります。
ペットボトルをタンクに入れて節水する場合も機器を傷めてしまい、修理が必要になります。節水を考えている場合、近年では環境に配慮したタイプの機器が開発されていますから、交換する方が長い目で見るとコストパフォーマンスが良いケースもあります。
タンクの上に花を置いたり、子どもがいる場合はおもちゃなどの異物を流し込んだりすることで配管が壊れることにも繋がりかねません。トラブル回避のために固形物を持ち込まないよう注意することも、トイレ 水漏れを予防する大きなポイントです。

■まとめ
トイレ 水漏れが発生した場合、工事業者への依頼となると費用がかかります。その上、日数を要する場合もあり生活にも支障をもたらします。日頃から異物を持ち込まない点や機器を大切にすることを心掛けることで、対策にも繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ