温水洗浄便座のトイレ 水漏れ修理の概要

近年は温水洗浄便座を使用している家庭や店舗が増えており、家庭での使用率も70%を超えています。電化製品であり細かいパーツが多いため、使用し続けることでトイレ 水漏れが発生したり、修理することなる場面もあります。一つ処置を間違えると、機器の故障や住環境の被害へと発展しかねません。それを防ぐためのポイントを紹介します。

■自分で修理をする前にトイレ 水漏れが起きた場合の処置

温水洗浄便座から水漏れが起きた場合、発生しやすい場所はノズルと操作ボタンの下、便座下があります。ノズルから少量の水が定期的に流れている場合は、ノズルの洗浄をしているため問題ありません。それ以外で水が出続けていたり床下まで被害に及んでいたりする場合は、トイレ 水漏れが発生しています。漏電を防ぐため修理をする前に、温水洗浄便座の電源プラグを抜いて、止水栓も締める必要があります。
リモコンで操作するタイプの温水洗浄便座の場合、ボタンを押してもノズルなどの水が止まらない時はリモコンの電池切れの可能性があります。反応が悪かったり流れ続けている場合は、止水栓を締めてから電池交換をします。それで正常な作動が出来る場合は、問題ありません。

■自分で出来る温水洗浄便座トイレ 水漏れ修理

温水洗浄便座のトイレ 水漏れが起きる原因の一つで、ノズルの内部弁にゴミがついている場合があります。ノズルお掃除機能がついている場合はそれで対処をして、無い場合は自分で清掃してから様子を見ます。
改善されない場合はノズル交換での修理が必要です。ホームセンターやインターネットから購入が出来ますが、古いタイプのものでは生産が停止している場合があります。機器と合わないタイプを設置してもいけませんから、メーカーに問い合わせたり、カタログなどで確認してから修理をしてもらいます。
ノズル交換の方法ですが、先端を反時計回りに回して取り外します。新しいノズルは時計回りにして取り付けます。そして、手で戻して引き出した時のボタンを押すことで修理は完了です。そして点検を兼ねて、洗浄ボタンを押して掃除をすることでトラブル予防に繋がります。

■まとめ
温水洗浄便座は電化製品の一つであり、電池切れやノズルにゴミが付着する等が原因でもトイレ 水漏れが起きます。各種止水栓を締めた上で操作をして、問題なく作動できる場合もあります。機器の交換等の修理が必要な場合は、正確な情報収集をした上で行うようにします。難しい場合は水道業者に修理依頼することが確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ