高齢者がいる家庭で水漏れ発生に伴い便器やトイレの交換の情報

高齢者家族がいる家庭にて、水漏れトラブルを機に修理ではなく便器やトイレの交換を選ぶ場合もあります。身体の負担を考えて動作や移動が楽な機器に交換することで、快適な使用はもちろん怪我の防止にも一役担います。高齢者向けの便器やトイレの交換におけるポイントを紹介します。

■水漏れ対策や便器やトイレの交換にて大切なこととは

高齢者になると、身体の機能が低下してしまい生活介護を必要とされる方も多くなります。水漏れ対策など自分で出来ることを増やすことでも自立支援やQOL改善にも一役担います。常日頃から水漏れ対策を家族で行い、その上で使いやすい便器やトイレの交換にすることで、負担軽減に繋がります。
便器を和式にしている場合は、洋式にすることで足腰の負担を軽減してくれます。その上で手すりを付けると立ち上がりの際に身体を支えることが出来、動作も楽になります。
扉を引き戸にすることでも、杖や車椅子での移動をされている方でも、自力で入退室が可能です。自分で設計が難しくても福祉住環境関連の専門資格を保持するスタッフがいる業者だと、予算に応じて家庭に合ったデザインをつくってもらえることもあります。

■水漏れ修理、便器やトイレの交換をお得にするポイント

便器やトイレの交換をしたり、水漏れ修理を水道業者に依頼すると、相応な費用がかかります。そのため、施工を躊躇される家庭も少なくありません。
自治体によって差がありますが、要支援や要介護認定を受けた人が住んでいる住宅はバリアフリーリフォームの対象となっています。保険適応や補助金も受けられるため、費用を抑えて施工することが可能です。それ以外にも、リサイクルで使用出来る材質を使って施工依頼をすることでも更に費用は抑えられます。
一方、費用だけにとらわれてしまってもいけません。トイレの交換をした後でも水漏れなどのトラブルは起きます。アフターフォローを含めて家庭に合った業者を選ぶことで、快適な便器やトイレの使用にも繋がります。そのためにも、複数社の見積もりがおすすめです。

■まとめ
高齢者がいる家庭の場合、水漏れが起きた際修理も選択肢の一つですが使いやすい便器やトイレの交換も長い目で見ると必要なことです。特に介護認定を受けられている家族だと、保険適応の対象にもなります。可能な範囲費用を抑える以外にも、家族の一員として生きがいをもたらしてくれるトイレにすると自立支援やQOL増進にも一役担います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ